>

お客さんに伝える情報を決める

商品の名前や価格を伝えよう

何を宣伝しているのか分かるように、商品の名前を必ず記載してください。
名前をチラシに書くとお客さんが覚えてくれるので、お店で商品を見つけた時に手に取ってくれるかもしれません。
また、商品を売るなら価格を掲載しなければいけません。
価格が分からないと、お客さんが買うことに抵抗を感じてしまいます。


しっかりと価格を掲載しておくことで、お客さんに安いことを伝えらます。
安いと感じると、お客さんはすぐに買ってくれると思います。
安いことをアピールするなら、価格も大きく書くのが良いですね。
文字の色を変えるのもおすすめです。
基本的な文字は黒色で良いですが目立たせたい部分は赤や青などの色を使ってください。
すると目に入りやすいです。

サービスを提供する日にち

新しくお店で提供するサービスのチラシを、作成することがあると思います。
その場合はお客さんに、日にちを必ず伝えてください。
サービスが始まる前に、チラシを作成してお客さんに配布することが多いと思います。
ですがサービスが始まる日にちを書いていないと、お客さんはもう始まっていると思ってしまいます。

するとお客さんとトラブルが起こって、お店の評判が悪くなるので必ず日にちを記載してください。
トラブルが起こらないように、対策をしておきましょう。
1回でもトラブルが起こると、すぐに評判が悪くなります。
落ちた評判を、再び取り戻すのは難しいです。
評判が落ちないように、必要な情報をチラシに記載してお客さんに伝えましょう。


この記事をシェアする